パニック障害とはどんな病気 1



パニック障害とはどんな病気 1

パニック障害と言う病気をご存知ですか、
100人中、2人か3人が発症すると言われている病気です。

意外と多くの方がかかり、悩んでいる病気です。

男性より女性のほうがなりやすく、男性の倍くらいパニック
障害になる可能性が高くなっています。

発症する年齢は20歳代前半から30歳代前半がもっとも多く
なっています。

10歳代後半から、60歳代まで幅広い年齢で発症します。

パニック障害は、遺伝的素因があると言われていて、近親者に
発症したことがある人がいる方は、気をつけたほうが
よさそうです。

パニック障害は早期に専門医に診てもらえば治りやすい病気
ですが、体に出る症状が、心臓に出たり、脳に出たりするので
わかりにくく、診断がつきにくい場合もあります。





最初に診てもらった医師が、パニック障害を疑って早期に
治療してもらえたら、ほんとうにラッキーです。


◇関連記事

・パニック障害とはどんな病気 2


・パニック障害とはどんな病気 3

・つらいパニック障害の発作 1

・パニック障害の発作 2

・パニック障害の診断 1

・ パニック障害の診断 2

・パニック障害の治療法

「お手玉をする」とうつ、パニック障害が治る (ビタミン文庫)


「お手玉をする」とうつ、パニック障害が治る (ビタミン文庫)

パニック障害の改善方法


「お手玉」をすると脳の血流が増加する!不安、怒りの
感情が軽減する!活力・活動量が上がる!
免疫力が向上する!

お手玉を落とさずにやり続けるためにはお手玉を眼で追い
左右の手を動かし続ける必要があります。

この一連の動作をすることで、大脳新皮質内の多くの分野が
連動して働くことで、脳が活性化するということです。

お手玉をすることで、左右の脳を使うので、左右の脳の
バランスをとり、ストレスに対する脳の反応が鈍くなります。

その結果、鬱やパニック障害などの症状を和らげる
作用があるそうです。

この本では「お手玉」の効果を一挙公開しています。









スポンサードリンク